梅雨のヘアー対策、予防 髪 ケア 夏の紫外線対策、髪 予防 ケア

梅雨と夏のヘアー対策  mayumi advice♥
湿気いや梅雨のヘアー対策 あめばっか
梅雨 
 
梅雨時はヘアースタイルがまとまりにくい季節 何故外気の湿気で毛髪内部の水分量が増えるのが主な原因 水分量が増えると髪が膨らんで広がりやすくなるから  雨の日や湿気の多い日の髪の広がりを抑えるには しっかりとブローしたり、トリートメントやローションなどで 髪の水分バランスを整えるのがポイント







ブローは、ちょっとした工夫でも改善する事ができます  濡れた状態から半乾きに乾かしたり  ドライヤーは、根本から毛先にかけて キューティクルに沿って髪をとかすように乾かすと良いですよ  根元からしっかり起こすのがポイントです。  ある程度乾いたら冷風に切り換えて さらに髪の表面をとかしながらブローするのも良いですよ 冷風をあてる事で、髪のまとまり感を出せます。  最近は、ダメ-ジの少ないドライヤーなども普及されてます。

 当店使用のドライヤー



髪の水分バランスにトリートメントやトリートメント成分の含まれてる スタイリング剤や栄養分のあるローションで整えてあげるのもオススメです   ボリュームを抑えのにカットで調節も可能です。


また、 ストレートをお好みの方や前髪が気になられる方に 縮毛矯正をオススメ致します  クセやうねりがなくなりる 湿気で髪が広がりを防ぐ 髪の表面が整うためにツヤがでます。  少なからずともダメージが伴いますケアをしながらサラサラ艶やかに



梅雨も美しく


それに、ダメージケアが重要です

 ダメージを受けた部分に、汗や湿気などの水分が入り込んでしまうと 髪がうねってしまたり膨らんだり思い通りにまとまらなかったりします。   保湿、栄養補給にトリートメントや 保湿力、栄養成分含まれてるケア用品などをオススメします。



雨に負けないで
紫外線こわい 夏のヘアー対策 紫外線こわい
紫外線 
 
夏の髪へのダメージ理由は、紫外線です  髪内部のタンパク質は元々、アミノ酸システインの結合により形成されてます  紫外線を浴びる事でシステインが分解されタンパク質に歪みが生じる事により 髪の内部が乾燥してダメージに繋がります。



強い紫外線を浴びると髪は、悪い影響を与えるのはUV-B波 髪の表面に影響を及ぼします。  メラニン色素を分解するので髪の色が変わったり 活性酸素の影響でキューティクル痛みます。


紫外線対策


髪もしっかり紫外線対策が重要


髪も肌同様に、紫外線対策を 夏の褪色は日差しを浴びることによって起こるもの 毛先よりも頭頂部に近い方が影響を受けます。


帽子も対策の一つですが、UVカットスプレーなども髪に使える商品もあります


 CEFINE(セフィーヌ) ハーブUVカットシャワー アロマガード
CEFINE(セフィーヌ) ハーブUVカットシャワー アロマガード



また、ケアでタンパク質や保湿維持などに効果がある ヘアケア製品などを使用するのも予防の一つ  もちろんトリートメントでトータルケアして髪の健康を整えるのも効果あり。   ケアして夏を楽しみましょ。


夏を楽しみましょ
梅雨と夏に オススメの商品


その他のオススメ
 
トップ  プロフィール 
チーカ